記事一覧

-NEWS PICKS!-

 

もし、日本唯一の腎臓病専門の管理栄養士であり、病院勤務時代から今に至るまで、多くの改善事例を持つ専門家が、あなたの日々の状態と数値に合わせた食習慣を作成するとしたらどうでしょうか?

そして、最短6か月で、不必要な食事の我慢をすることなく、最小限のストレスでこれまで改善されなかった腎臓病の数値の改善を目指せる。

さらに、その後は自分自身で日々の食事選びをできるようになっていく。

そう聞いてあなたはどう思いますか?

もし、少しでも興味がある。そういった方であればこのまま読み進めてください。

あなたの人生が一変するキッカケになります。

 

間違った思い込みをしている人が多いようです…

どういうことか?それは、多くの腎臓病に苦しむ方々は下記のような悩みを抱えて、もう腎臓病は改善できない…と諦めかけている人がいるようです。

例えば、

こんなことを一度でも思ったことはありませんか?

もし、あなたが今までと同じ普通の生活をできる未来を諦めていないとしたら、まずは私のサポートを受けて腎臓病が改善されたお客様の声をご紹介しますので、ご覧ください。

 

元々血圧も高くて腎臓も少し悪く、病院で担当の先生に減塩するように言われてもやり方も分からなくて、自分なりに気を付けていたけど何もかわらなかったのです。

ですが、有水先生からの栄養指導を受けたことで、やるべき事が具体的に分かって、正しく食生活を振り返れるようになったことが、とても大きかったですね。

教えてもらったことを生活で試した後の毎回の検査結果を気にするようになったし、できなかったと落ち込んでいっても、指導を受けたらまたやる気になれました。

教えていただいたことが、私が取り組みやすいことばかりで、それがとてもよかったです。

お医者さんの先生には言えないことも、有水先生にはどんなことでも話せるのがとても不思議でしたし、有水先生とお話しするととても安心できたので、2年間ほぼ毎月通っていました。

その結果、血圧のお薬が4分の1になって、生活がとてもしやすくなりました。

 

栄養サポートを受ける前は、尿蛋白が出ている息子に何を食べさせたら良いのか分からず悩んでいました。色々とインターネットで検索しましたが、知りたい情報は全然見つからず、病院のページばかりになるので、そこから枝から枝へ検索を進めるうちに、やっとのことで有水先生の体験栄養カウンセリングに突き当たり、申し込みました。

有水先生が腎臓病の食事アドバイスサポートをしていたので、相談してみようと思いました。

他にはこのようなサポートをしているところはなかったので、他に問合せしたところはありません。

有水先生は管理栄養士としての知識を持ちながら、病院での経験があるため、有水先生のサポートを受けようと決めました。

実際に栄養サポートを受けてみて、毎日の食事の支度の前に悩んでいたので、相談先ができて精神的に楽になりました。

この栄養サポートは、腎臓病になる前の段階の方に、ぜひ受けてほしいと思います。

特に、腎臓病の初期や腎臓病になる前の場合、病院では全く相手にされず何も教えてもらえないので、不安で仕方がありませんでしたが、有水先生にどんなことでも相談できるので、本当に救われました。

栄養サポートを受けていて、食べ盛りで受験生の息子の生活と体に沿ったサポートに助かっています。心配が高じて極端になりがちな私にも適切にアドバイスを下さり、ありがたく思っています。これまで知らなかったスーパーフードなどの情報も得られて良かったです。指導により毎日の食事記録を付けていますが、フルタイム勤務の自分には大変です。しかし、見てくださる環境があるから続けられるのだと思います。

 

 

という思いも出てくる方もいるかと思います。しかし、安心してください。

あなたがこれまで努力をされてきた方であれば、腎臓病に対する危機感が高いので、成果が出て当たり前です。

そして、そもそも自分に努力できるのか?と思っている方であれば安心してください。

なぜなら、私はいかにクライアントが楽に数値を改善させるか、を一緒に考えて、クライアントができることを順序だてて指導し、長く続けていけるようにサポートしているからです。

食事は、生きている間は一生続いていく課題です。
難しくて大変過ぎたら、とても一生なんて続けられないですよね?

腎臓病の食事療法は、本当に気を付けることも多くて大変で、理解することも実際に実行することも、本当に難しいものです。

だからこそ、根を詰めすぎてしまっては、長続きすることが不可能になります。

しかし、実は多くの方が腎臓病は病院で改善できると思っている様です。
どういうことかというと…

 

残念ながら、病院に通っていたら透析の回避を目指せると思っていたら大間違いです!

なぜなら、根本的に透析を回避するためには、食事を変えなければ絶対に回避できないからです。

そして、ほとんどの医師は食事についての知識を持ち合わせていないのです。

「減塩した方がいい」、「たんぱく質を摂りすぎない方がいい」ということはわかっていても、具体的にどのようにしたら腎臓に負担のかからない食べ方になるのかを知らないから、患者さんに具体的なことは教えられません。

その状態では、あなたが将来の透析を回避することは不可能なのです。

もし、あなたが大きな総合病院に通っていたら、管理栄養士がいて、栄養指導を受けることもできるでしょう。

しかし、多くの管理栄養士が腎臓病の対策についてはそこまで理解がないのが現状です。

小さな病院やクリニックに通っているのであれば、正しい食事の摂り方や改善方法を知らないまま、ほぼ確実に透析まで進むでしょう。

さらに、この情報を聞いて、あなたが独学で腎臓病の対策をして、以下のような勘違いを起こすと非常に危険です。例えば、

と思っているとしたら、それは非常に危険です!

 

それは、腎臓病の食事療法は、その方の病状や血液検査データの数値、運動や活動量などの生活習慣によって、気を付けるべき食事内容が日々変わってくるからです。

ですので、素人判断では正しいと思って間違ったことをしていたり、不必要な食事制限をすることで、かえって腎臓にダメージを与えているケースがほとんどです。

手前味噌で恐縮ですが、腎臓病の専門家の指導を受けるからこそ間違いを正すことができて、あなたの症状の改善を目指せるのです。

腎臓は、再生しない臓器と言われます。
一度悪くなったら、元に戻ることは、まず無理です。

だから、悪くなる前に腎臓を守ることが大切なので、今すぐに専門家へ無料で相談をしてください。

 

腎機能のうち、「老廃物をろ過する」という機能だけは、透析で補えるかもしれません。

ですが、腎機能はそれだけではありません。
ホルモンを出すなどして、身体全体や他の臓器からの信号をやり取りすることで、体内の様々な機能を調節するという、大変重要な仕事をしています。

これらの機能は、人間の寿命を左右しているといっても過言ではありません。

だからこそ、健康寿命を延ばすためにも、絶対に腎機能を守ることが重要なのです!

あなたが生涯、透析をすることなく今と同じ日常生活を続けられるとしたら、あなたにとってそれは、どれだけの価値があることでしょうか?

私は、透析になってから後悔してほしくないのです。

あなたが透析になる前に、知っておいて欲しいことがあります。

それは、腎臓が悪くなる前に、できるだけ早い段階で集中して、ご自身の病状に合わせた腎臓を守る食事の摂り方をマスターすること。
そして、少しでも腎臓の状態を良くしておくことが、将来あなたが望む人生を生きることができる唯一の方法だということです。

今すぐに、あなたがあなたの状態にあった正しい食事と生活習慣を手に入れたなら、

と後悔することは、避けられるでしょう。

有料の体験カウンセリングでは、今あなたがやっていることの何が間違っているのか?
真の原因を明らかにしてお伝えしています。

有料のカウンセリングを受ける前に、まずは無料でLINEにてチャットでご相談されてから、カウンセリングを受けるか検討してみてください。

少しでも、あなたが気軽に相談しやすいようにするための特別なプレゼントです。
定員が埋まってしまう前に、今すぐにご相談ください。