Tさんの事例~回想録1~

みなさん、こんにちは!

今までは、みなさんに役立つ情報を出そうと気負ってしまって

なかなか筆が進まなかったブログですが、

「これからは思ったこと・感じたことを記していく」

と前回お伝えさせていただきましたので、さっそく(^^)

 

 

今回、書きたくなったことのテーマの一つはコレ!!⇓⇓

 

 

先日まで6か月間のサポートをさせていただいた、

腎臓病のクライアントの方が、

私の見解では、

結構奇跡的な、素晴らしい改善をされましたので、

その時に感じていたこと・思っていたことを

回想録として、何回かに分けて記録できたらと思います!(^^)

 

 

なぜそんなことを記すのかって???

 

今回の事例は、普通に腎臓病や糖尿病の栄養指導とはだいぶ違って、

いろんなドラマがあって、まぁまぁ大変だったから💦💦💦

私の様々な分野での知識と経験をフル動員したからできたこと!だと思っています。

 

こういうこともあるということを、

今、不安の中を生活している多くの方々に、ぜひ知ってほしいのです!!

 

 

「私が総合病院に勤めた経験がなかったら、対応できなかったかも?」

と思うほど、当初、ある意味、命の危機さえも感じた事例でした。

(予備知識のないクライアントさんが、同じように感じていたかどうかはわかりませんよ💦)

 

「こんなこともあるんだなぁ」ということを、知っていただけたら嬉しく思います。

 

 

さて、このクライアントの方を、仮にTさんとしましょう。

突然急性腎不全になってしまった働き盛りの30代男性の事例です。

血液検査データがわかる方のために、6か月間の経過を記します。

 

・腎臓病の指標であるクレアチニンの値は、初回 3.61 → 6か月後 1.76

途中経過の最大改善時は1.67まで回復

・腎臓がどのくらい機能しているかの指標となるeGFRの値は、初回 17.2 → 6か月後 37.4

途中経過の最高値は39.9まで回復

 

 

腎臓病で病院にかかったことがある方には、

こんなに数値改善するの???

と思われる方もあるかもしれませんね。

 

 

なぜなら、

「腎臓病は一度悪くなったら改善することはない。透析を待つだけ」

と言われる病気だから!

 

つまり、

「改善しなくて当然!」

「少しずつ数値が悪くなっていくのが普通!それでよし!」

という世界だということです💦💦💦

 

 

恐らく、ある一部の方たちを除いて、ほとんどの管理栄養士も医師も、

このように数値改善するために、「具体的に、なにをしたらしたらよいのか?」

は指導できないし、「なにをしたら、こうなったのか?」

を説明できる人は少ないのではないか?と、私は思っています。

何人の改善実績があるかどうか?何年後かに他の病気にならないかどうか?を考えられている人のか?

そんな秘訣も少し記しておきたいと思います。

 

 

今回の奇跡的な結果には、いくつかの条件も重なりました。

例えば、クライアントの年齢が若かったことや、

急性だったことも大きく影響していると思います。

 

で・す・が! 「それにしても!!」 の結果だと、

私は思っています!

(これが出来てしまってたから、私がこのサポートコースを提供することを決断したんですけどね(^^))

 

これから記していく経過を読んでいただけたら、

その意味が少しは、なんとなく感じていただけるのでは?と思っているので、

楽しみにしていてくださいね!

 

もちろん!!

この結果はご本人やご家族の努力の賜物です。

そして、私が指導した内容をきちんと

言ったとおりに守ってくださった「素直さ」が一番の要因

だったと思います。

 

 

詳細については、次回から少しずつ、

忘れないうちに記録していけたら、と思っていますので、

どうぞ、お楽しみに・・・(^^)