糖尿病と腎臓病、両方で気をつける、たったひとつのこと!

糖質病と腎臓病の

両方になっちゃったんだけど、

食事が違いすぎて

食べるものをどうしたらよいか
わからないんだけど…

そんなふうに思われている方はいませんか?

総合病院に勤めている時には、

大体の方が、

複数の病気をかかえていらっしゃいました。

そんなとき、何が大事なのか?

それは、優先順位 です。

薬でどうにかなるものや、ならないもの、
コントロールできるもの、
できないものがありますね。

今回は、

糖尿病になっていて、
腎臓の数値も下がってきた!

食事の何を気をつけたらいいの?

という方に、

声を大にして、お伝えしたい!!

腎臓病の難しい本を調べて、

たんぱく質やカリウムを制限をしていませんか?

実は、ほとんどの方の場合、

それをするから、腎臓の数値が悪化している方が多かったのです!

もっと大切なことがあります!!

それは、

「塩分制限」をきちんと守ること‼️

糖尿病から腎臓が悪化した背景には、
塩分制限ができていないこともあります。

そして、初期の腎臓病ならば
「塩分制限」をきちんとするだけで、
腎臓の数値は改善する傾向があります。

病気の進行に合わない、
過度のたんぱく質制限やカリウム制限をすることによって、

かえって腎臓の数値が悪くなることもよくあるのです!!

だから、素人の自己判断での食事制限は

とっても危険なんです‼️

(本当は、実績のあるプロに一度は詳細をご相談されたらよいのですが…)

素人の方がわからずにやっても
腎臓が悪化しないことはたった1つ!

基本の「塩分制限」をきっちり守ること!!

まずは、ここから試してみてくださいね。

 

 

 

「塩分はいつも気にして減らしてるよ!

でも、よくならないよ!」

と言われる方は、

 

実は、減らしたつもりになっているだけで、

必要量まで減らせていないのです!

 

それでは、よくなるものも、よくならなくて

当・た・り・前!!

 

正しい塩分制限

塩分を控えるコツを覚えたら、

とっても簡単です!

 

そんな塩分じゃ食事が美味しくない!
と言われる方、

できるだけ美味しく食べていく方法や
コツを知らないだけです。

無理なく、ストレスなく、

大変でない食事制限をして、

腎臓を守っていきたい!

将来、透析になりたくない!

糖尿病の合併症にもなりたくない!

そのために、楽な方法を知りたい方は、

ぜひLINE登録して、無料相談されてくださいね!